U8キッズ交流大会テストマッチ(12/15南央小)

0

    第1試合 大島中央(U8)0-2 MIRACLE・FVC(U8)

    第2試合 大島中央(U8)2-0 Dreams(U8)
    →1-Bブロック準優勝

    8歳以下のバレーボールの大会が12/15に大島南央小学校で開催されました。
    本大会は、キッズのバレーボールの普及活動の一環として、既に毎年行われている10歳以下の大会(アンダー10)に続く新たな試みとなり、今回が東京都では初めての大会開催となります。そのため、今回はテストマッチとして行われました。

    ネットの高さがジュニアの規定の高さより低いコートで試合が行われるブロックがあったり、サーブ位置も初心者向けに通常よりも2m前のラインを選択できるようになっていたりと経験の浅い子達も試合を楽しめるようなアイディアが盛り込まれていました。
    また、各チームとも6年生が2年生以下の選手のサポート役に回ったり、保護者も含めみんなで盛り上げよう、という雰囲気もあり、非常に和やかな雰囲気の大会となりました。
    さて、大島中央エンジェルスですが、今大会は2年生部員6人で試合に臨み、2試合を戦いました。

    第1試合: vs ミラクル U8(男女混合)

    第1試合目は先月の東京新聞杯の都大会準優勝チームであるミラクルのU8チームです。男女混合のチームでしたが、男女とも2年生とは思えないような素晴らしいサーブを打つ選手がいるチームでした。
    大島中央の選手は緊張していたのか、少し動きが硬く足が動きませんでした。試合開始早々、相手の男子選手のサーブのサーブカットが上手くいかず、2人の選手がボールを顔面に当ててしまうという波乱の幕開けとなりました。
    それでも、普段の練習の成果を徐々に発揮して、サーブカットとレシーブの繋ぎのバレーで少しずつリズムを取り戻します。
    大島中央のサーブも良く決まって、中盤で逆転し、終盤までリードする展開でしたが、サーブカットがうまくいかなかったり、良い連携から打ったアタックがアウトになってしまうことが続いてしまい、逆転されて15-21で第1セットを落としてしまいます。
    第2セットでは、硬さもとれてきたように見え、大島中央のサーブと連携が決まり、大きくリードする展開でした。しかし、途中で試合が中断するハプニングが何回かあったためか、集中力を乱してしまいました。結局、残念ながら最後に逆転されてしまい19-21でこのセットも落として敗れてしまいました。

    第2試合: vs Dreams U8(男女混合)

     

    第2試合目はDreamsのU8チームでした。
    第1試合の残念な負けを引きずってしまうのではないかと心配されましたが、大島中央のメンバーは切り換えて試合に臨めたように見えました。
    この試合では、大島中央の選手のサーブが良く決まり、リズム良く終始主導権を握って試合を進めることが出来ました。レシーブでの繋ぎやレシーブ&トスからのアタックも決まるなど素晴らしい試合運びで第1セットを21-16、第2セットを21-14で取って見事勝利しました。
    この試合では、2m手前ラインからのサーブとはいえ、一番新しく入部した選手がサーブを決めることができました。その選手がサーブを決めた時に応援する保護者も盛り上がりましたが、周りの選手たちとその選手が嬉しそうにハイタッチをしている場面が印象的でした。
    大島中央は2試合で1勝1敗で、ミラクルに次いで2位となり、1-Bブロックで準優勝となりました。

    今大会は、どこのチームも2年生以下の選手だけで初めて試合に臨む大会だったと思いますが、各チームとも選手達が楽しそうにボールを追いかけているように見えました。
    今大会では、大島中央の選手達はバレーボールらしい良い連携が出せるだけでなく、お互いに声を掛け合うこともでき、チームらしく試合をすることができました。
    選手達は、その後に行われた練習でも楽しそうに良い動きをしており、今大会での経験が少し自信になったのかなぁ、と思います。
    これからも楽しく一生懸命に練習して、次はアンダー10の大会で活躍できるように頑張って欲しいです。

    20181216_2399981.jpg


    清澄杯(12/9中村学園)

    0

      予選第1試合 大島中央 2-0 二砂小バレーボールクラブ
      予選第2試合 大島中央 2-0 枝川ジュニアバレーボールクラブ
      →予選Aグループ1位として決勝トーナメント進出
      決勝T第1試合 大島中央 1-1 数矢小バレーボール同好会 *得失点差で勝利
      決勝T第2試合 大島中央 0-2 三砂ジュニア
      →準優勝


      中村学園主催の清澄杯は、5年前に第1回がスタートした江東区内のカップ戦です(今の6年生も1年生のときにちょっと出てました)。今回は7チームが参加しましたが、対戦カードは選手のくじ引きによるというのが特色。今年の予選リーグのくじ運はまあまあで、2試合とも危なげなく勝利し、決勝トーナメントに駒を進めることができました。

       

      準決勝の相手は数矢小で、 さすがにそれらしいレベルの試合となりました。数矢小のブロッカーは背が伸びたのか、いちだんと高いブロックに中央が苦戦、得失点差でかろうじて勝利です。

      ライバルの三砂は対照的に、準決勝の二砂戦を21-3/21-5と圧勝、万全の状態で決勝に臨んできました。

       

      三砂戦は区民大会での善戦を活かしたいところでしたが、1セット目は強烈なドライブサーブにやはり手を焼き、途中から飲まれてしまって8-21の完敗でした。中央もあのサーブを打ちたい。^_^;
      ところが2セット目は一転して、中盤まで好調を維持して13-13、さらには18-18と、レシーブをどうにか上げて食いついていきました。そのままもつれ込んだデュースでは終始リードを許す苦しい展開ながら、これまたどうにか追いすがっていったものの、最後はなんとホールディングを取られて自滅してしまいました。スコアは24-26! 今季最長の熱戦でしたが、惜しくも敗退です。
      しかし、三砂には勝てませんね。悔しい。先方が格上とはいえ、今日の2セット目のようにがっちり組み合えば勝機はあるはずなのですが。
      そういえば2年前も、当時ぶっちぎりで強かったジュニアファイターズに一向に勝てず、でも3月の最後の公式戦でようやく勝ったものでした。今年の6年生たちにも、3か月後のリベンジを期待したいです。

       

      さて、カップ戦も今日で一区切りで、この後は新チーム体制がさらに進んでいきます。年明けの都大会予選まであっという間ですから、新キャプテンを中心に、5年生に盛り上げていってもらいましょう!

      20181209_2392724.jpg

      20181209_2392726.jpg


      下北沢成徳杯(12/2北沢中→下北沢成徳高)

      0

        予選第1試合 大島中央 2-0 立会アタッカーズ
        予選第2試合 大島中央 2-0 上野エンジェルス
        予選第3試合 大島中央 1-1 MIRACLE・FVC *得失点差で勝利
        →決勝トーナメント進出
        決勝T第1試合 大島中央 0-2 大井クッキーズスポーツ少年団 
        →3位**

         

         (**八潮フラッパーズと同率3位)

         

        言わずと知れた名門・下北沢成徳高校で開催されるカップ戦です。4チームずつ4ブロックに分かれて予選リーグを戦い、続いて1位から4位までの各トーナメントに分かれますが、昨年は4位リーグに沈んだ上にトーナメントでも初戦で敗退してしまいました。そんな苦い思い出の会場に足を運んできました。

         

        予選の初戦と2戦目は、サーブ・レシーブ・ブロックがそれぞれ機能してリズムよく勝利し、続いてミラクル戦に臨みました。地力で勝る相手にどこまで食い下がれるかが、今日の大きなポイントだったと思います。ミラクルは会場にOGも多いらしく、先輩たちを相手にすごい迫力のスパイク練習を展開していました。
        取ったり取られたりの序盤を過ぎたあたりから、中央はエースのスパイクの精度が上がってきました。その後は畳みかけるようにリードを広げていき、ミラクルにタイムを取らせたりもして、ついには1セット目を21-15で先取! 2セット目も激しい応酬(一人で得点係を務めているお姉さんが大変そうでした)の末、19-21で落としましたが、予選は2セット制なので勝利です。
        つい先週の2セット目では10-21で完敗だったのに、ミラクルに勝つ日が来るとは…(T_T)。このゲームではみんなが楽しんでプレーしていて、それが良い結果につながったのだと思います。

         

        決勝トーナメントは会場を移し、特集などでよく見かける成徳のあの体育館でプレーしました。対戦相手の大井クッキーズは突出した選手はいないのに平均値がかなり高く、夏の全国大会でもベスト8に進出した強敵で、これはもう完敗でした。2セット目はまだノリがよく、一時は7-7まで追いついたものの、そこからが続かずに11-21の大差で落としています。クッキーズはこのあと優勝し、今日も“中央に勝ったチームは好成績を修める”のジンクスを証明することになってしまいました。
        それでも3位です。昨年からすればかなりのランクアップと言えますし、石川真佑選手にも会えましたしw、帰りの足取りはとても軽かったです。

        20181202_2386031.jpg20181202_2386073.jpg


        実践学園杯(11/25実践学園)

        0

          予選第1試合 大島中央 2-0 けやきジュニア
          予選第2試合 大島中央 0-2 藤橋JVC
          →予選B組2位として決勝トーナメント進出
          決勝T第1試合 大島中央 1-1 銀河SCシリウス *得失点差で勝利
          決勝T第2試合 大島中央 0-2 MIRACLE・FVC 
          →敗退

           

          実践杯は2セットマッチ制。実践中3年のOG2名もベンチに入って応援してくれました。

           

          予選から決勝トーナメントの1試合目まで、中央はどうにも調子が上がりませんでした。藤橋は前回の対戦では下した相手ですけれども、8連続失点を喫するなど、今回は完敗です。ついおとといの区民大会とはみんなが別人のように、ブロックもレシーブも、とにかく手が出ていなかったような印象です。
          実践杯は相性が悪いのか、例年さほどの成績を収められていません。ただ、不調なら不調なりに流れを作ろうとしなくてはいけないし、誰かが不調ならみんなでカバーしていかなくては…。

           

          そんな中、ミラクルとの第1セットが本日のベストだったと思います。19-21で敗れはしてしまったものの、エースの素晴らしいスパイクを始め、大きなチームを向こうに張って引き離されずに互角に戦いました。
          両チームのスパイカーが繰り出す豪打の打ち合いがすごかったし、守備のリズムもお互いによかったし、双方が楽しんでいることがありありとわかるゲームでした。そしてミラクルはこのあと、中央を破った勢いのままに優勝に輝きました。

          20181125_2379621.jpg

          20181125_2379623.jpg


          区民大会【Aチーム】(11/23東砂スポーツセンター)

          0

            第1試合 大島中央 2-0 数矢小バレーボール同好会
            第2試合 大島中央 1-2 三砂ジュニア
            →3位*

             

            (*ブルーライトニング女子と同率3位)

             

            関東大会で準優勝に輝いたばかりの好調の三砂には、残念ながら今回も勝てませんでした(_ _)。しかし、本日の中央は光るプレーも随所に見られ、好ゲームを展開していました。

             

            春の区民大会はデビルスとのワンツーフィニッシュだったため、今回は両チームが別ブロックに分かれてのトーナメント参戦です。中央は三砂と同じブロック。中2のOG二人も応援に来てくれて、ボール出しなど積極的に携わっていました。
            第1試合の数矢戦では中央がサーブ順を間違えてしまい、試合が中断するハプニングがあったのですが、それでも雰囲気はなんとなくよかったです。5年生のレシーブが好調で、リズムよく2セット連取しました。「このノリなら三砂に勝てるかも」と、この時点でちょっと思ったほどでした。

             

            さて、第2試合の三砂戦。1セット目は中央の2枚ブロックが大活躍で、三砂のスパイクをことごとく止め、先取しました! 公式戦で三砂相手にセットを取ったのは、2月の支部予選以来でした。
            続く2セット目と3セット目もブロックはよかったのですが、ブロックカバーやフォローが今一つ。そこに三砂のエースのドライブサーブが立て続けに決まり、中央のサーブは対照的に不調で、セットを続けて落としてしまいました。
            敗れはしましたけれども、今日の中央は劣勢でも心折れずに、すばらしかったです。レシーブミスもみんなで連携し合い、驚くようなカバーを何度か見せてくれました。何より、レギュラーになってから日の浅い5年生たちが積極的だったのが嬉しい収穫でした。
            明後日も実践杯ですし、他にもカップ戦はまだまだ続きます。いずれ三砂にも勝てるのではと期待します!

             

            なお、デビルスは決勝で三砂を破り、区民大会二連覇を達成しました。優秀監督賞が今大会から新設され、陽子コーチが初代女王に選ばれていますw。

            20181123_2378216.jpg20181123_2378218.jpg


            区民大会【Bチーム】(11/23深川北スポーツセンター)

            0

              第1試合 大島中央 0-2 東雲ドルフィンズ
              第2試合 大島中央 0-2 三砂ジュニア
              →敗退

               

              江東区秋季区民大会が、秋晴れの中開催されました。B,Cチームの大会は深川北スポーツセンターで行われました。今回、大島中央エンジェルスBは低学年(2,3年生)でのチーム編成でしたが、9月の秋季大島大会で優勝したためか(と勝手に推測していますが)、他チームの4,5年生中心のチームのグループに組み込まれました。

               

              1試合目: 対 東雲ドルフィンズB
              13-21
              14-21 

               

              大島中央Bは緊張して硬くなっていたのか、いつも通りの積極性がなかなか出せません。サーブもなかなか入らず、サーブカットも思い通りにいかず、苦しい展開となりました。2セット目では、サーブカットからトス、3年生のアタックという形がやっと作れるようになり、6点差から1点差まで追い上げる場面もありましたが、最後は振り切られました。なかなか練習通りの力が出せず、終始主導権を握れず敗れてしまいました。

               

              2試合目: 対 三砂ジュニアB
              8-21 
              16-21  

               

              2試合目の相手は今月の東京新聞杯都大会を制覇している三砂ジュニアのBチームでした。大柄な選手もいたり、サーブも非常に上手なチームでした。
              1セット目は相手の圧力に圧倒されたのか、足も声も止まってしまい、サーブも決まらず、あっという間に大差がついてしまいました。それでも終盤には一生懸命に声を出して粘ったのは大したものです。
              2セット目は大島中央Bの3年生のサーブが走り、一気に8点先制。しかし、それで相手の目を覚ましてしまったのか、相手のAチーム級の鋭いジャンピングフローターサーブに苦しめられ、なかなかサーブカットが決まりません。一気に逆転されてしまいます。みんな気持ちが折れかかっていたように見えましたが、なんとか頑張って声を掛け合います。そして、2年生の気合のサーブカットが決まり、なんとかその勢いを止めました。その後、大島中央Bも反撃し、サービスエースと繋ぎのバレーで15-15に追いつきました。しかし、その後は追いすがるものの、最後は三砂Bのアタッカーの強烈なスパイクが連続で決まり、敗れてしまいました。

               

              残念ながら、本大会は2敗で敗退しましたが、近いうちに各チームのAチームになるかもしれない4,5年生主体のチーム相手に立派に戦ったと思います。大健闘でした。
              大島中央Bの選手たちはこの経験を生かしてまた練習を頑張って欲しいです。


              川崎杯(11/18忍岡中)

              0

                川崎杯は1セットマッチの交流戦で、それぞれの新チームがとにかくいろんな相手と試合をします。6年生が引退した分、2年生たちにもユニフォームが行き渡って嬉しそうでした。

                 

                中央の新チームは5年生3人と3年生3人がスタメンで、技術も体力も試合勘もまだまだです。また、もともと声の出ないメンバーではあるのですが、“6年生じゃなくて自分たちがやる”という意識がまだ出てきてないのか、萎縮してより声が出てないように思えました。結果、6年生が参加した試合以外は1勝7敗でした。

                 

                それでも、終盤はチームとしてのまとまりが見えてきてましたから、今後に期待しています。すぐに上手くなるわけではないんで、たくさん練習をして、たくさん試合をして、自分たちのチームを作り上げていって欲しいです。
                6年生も久しぶりに試合に交じりましたが、プレーしてる姿はとても楽しそうでした。新チームのみんなもぜひそんなふうに、試合を楽しんでいってほしいと願ってます。コーチも言っていたように「できなくてもいいから元気よく!」です。

                 

                ところで、今日は2年生たちをメインにした低学年チームにも練習試合を組んでもらいました。勝てはしませんでしたがすごく雰囲気のいいチームで、これは来月のU-8の試合が楽しみです。(^_^)

                20181118_2374249.jpg

                20181118_2374253.jpg

                 

                 

                 


                キッズエスコート(11/10墨田区総合体育館)

                0

                  本日はVリーグのキッズエスコートに行ってきまして、FC東京×大分三好ヴァイセアドラー戦、パナソニックパンサーズ×堺ブレイザーズ戦を観戦してきました。選手の皆さんはただでさえ大きいですが、子どもたちと並ぶとより大きかったです。

                   

                  子どもたちも父兄も、フロアのコートエンドで観戦です。選手の皆さんが間近で、ボールもときどき飛び込んでくるような超特等席でした。
                  それにしても、男子選手の大きさとパワフルさはやはりすごくて、コートが狭く見えるし、スパイクなんて真下に打ち下ろしてくるようです。子どもたちもそんなプロの試合をしっかり楽しんでいて、特に、エスコートで手をつないだFC東京とパナソニックの選手たちへの応援に大盛り上がりでしたw。

                   

                  20181110_2367134.jpg20181110_2367132.jpg


                  バレーボール教室のお知らせ

                  0
                    バレーボール教室を下記の通り開催します。
                    バレーボールに興味のある子、運動が好きな子一度体験してみてください。
                     
                    ◇ 日時 11月11日(日) 10~11時
                    ◇ 会場 第一大島小学校体育館
                    ◇ 持ち物 タオル、飲み物、汗をかいたときの      着替え、上履き
                    ◇ 運動が出来る服装で来てください。
                    ◇ 問い合わせ先 倉持
                     
                     
                    倉持英治

                    東京新聞杯 都大会(10/28駿台学園中学校)

                    0

                      第1試合 大島中央 2-0 小平はちのこVBC 
                      第2試合 大島中央 0-2 MIRACLE・FVC 
                      →敗退

                       

                      【都大会1日目結果はこちら】

                       

                      2回戦の対戦相手のミラクルは上位常連の強豪で、しかも「あの応援だけで5点分くらい」(某保護者)というほどの大ボリュームの応援団をバックに従えています。複数のスパイカーによる破壊力もさることながら、ボールの落ち際への強さが目に付きました。
                      こちらの攻撃は強打も軟打もレシーブされてしまって決まりにくく、大きく引き離されはしないものの、気づけばセットを落としていました。中央もフロアディフェンスはまずまずで、同点に追いつく場面もあったのですが、ホールディングを厳しく取られたことでダメを押されてしまったように思います。ミラクルはこの後、シードの瑞光にも勝利してベスト8に駒を進めています。

                       

                      中央はミラクルに比べると力不足でしたし、経験不足でした。6年生の3人は今回の都大会敗退をもって一区切りですから、最後は大会場での二日目のプレーを目に焼き付けたかったのですが、残念です…。

                       

                      6年生で一番長い子は、入部して5年半くらいプレーしてきたことになります。先輩たちの後姿に憧れて長く練習してきた3人も、今は下の子たちに憧れられる存在になっていますね。本当によくがんばってきました! 体格も人数もさほどでもなかった中央を、シード権を取れるようなチームにまで引っぱってこられるとは思ってもみませんでした。お疲れさまでした。(T_T)
                      今日までのこのチームも一区切りで、カップ戦以外は、これ以降は新チーム体制となっていきます。そして5年生の3人、今度はあなたたちがチームを引っぱっていくんですよ☆


                      20181028_2353320.jpg


                      | 1/30 | >>

                      大島中央エンジェルス

                      江東区大島地区をホームとする小学生女子のバレーボールチームです

                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>

                      Profile

                      Selected entries

                      Categories

                      Archives

                      Recent comment

                      Links

                      mobile

                      qrcode

                      Search

                      Others

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM